読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@thorikiriのてょりっき

@thorikiriがWebとかAndroidとかの技術ネタや本を読んだブログです

HTML5によるAndroidアプリ開発入門 その2

book android html5

HTML5によるANDROIDアプリ開発入門

HTML5によるANDROIDアプリ開発入門

昨日からお昼休みに読んでます。今日は3章と4章。

3章は、ストレージ関連のAPIで、WebストレージとWeb SQLデータベースが話しのメインです。HTML5でインデックスデータベースてのもW3Cで仕様を策定中らしいけど、現段階のAndroidブラウザではサポートしていないので、解説されていません。WebストレージはlocalStorageとsessionStorageで、このブログでも何回か取り上げてますね。Web SQLデータベースはその名の通りSQLが使えます。SQLiteですね。2章で作っていたTODOアプリの入力フォームの内容を登録する手順で説明されています。

4章は、引き続きTODOアプリを入力フォームの画面だけじゃなくて、トップ画面、一覧画面とかを作って、複数画面の遷移を作り込んでいくお話です。jQueryMobileとか、jqTouchとか、Sencha Touchとかがやってることを実装してみよう的なことです。結構JavaScriptでゴリゴリやりはじめてるので、JavaScriptの知識が要求されるかも知れませんね。でも、スマフォサイト用のJavaScriptライブラリが何をしているのかってのがわかっていいと思うよ。本書にも書いてあることだけど、この手のライブラリのUIはiOS系のUIを元にしてるから、Androidユーザにとって慣れていないUIである可能性が高いよね。それってUX的には好ましくないので、Android前提だったり、PhoneGapでAndroidアプリとして配布するんだーとか考えているなら、気をつけたほうが良くて、そんな場合は見た目をゴリゴリカスタマイズかけるコストよりは、スクラッチで組んだ方がシンプルでパフォーマンスも良いかも知れないね。
話はそれるけど、Titanium Mobileだと、1ソースでそれぞれのUI標準になるから、ネイティブアプリ化する前提ならTitaniumの方が良いかも知れない。でも、Titaniumも万能じゃないから、OS毎に条件分岐書いてカスタマイズしないといけないこともあるらしいので、自己責任で頼むで。個人的にはJava書けるけどObjective-C書けないから、Android用はJavaで書いて、iOS用はjQueryMobileとPhoneGapか、Titaniumでやりたいかなと思ってるよ。

そう言えば、僕も芝刈りは得意分野じゃないです。って言うか、芝がある庭がある家に住んだことないからそもそもやったことないね。エルビスネタは今回出てきていないか、気が付かなったです。