読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@thorikiriのてょりっき

@thorikiriがWebとかAndroidとかの技術ネタや本を読んだブログです

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

book

を読みました。会社の人から貰いました。ありがとうございます。

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

  • 1章 HTTPリクエストは極力減らす
    • 画像はCSSスプライト等でまとめる。CSS、JSはコンパイル等で1ファイルにまとめる。
  • 2章 CDNを使う
    • お金があれば使っとけ!
  • 3章 Expiresヘッダを設定する
    • キャッシュ出来るものはしとけ。
  • 4章 コンポーネントgzipする
    • テキストはやっとけ。バイナリとかはすんなよ。
  • 5章 スタイルシートは先頭に置く
    • スタイルが適用されるのが後だと白い画面が表示されるからhead中に書け。@importは先頭に書け。
  • 6章 スクリプトは最後に置く
  • 7章 CSS expressionの使用を控える
  • 8章 JavaScriptCSSは外部ファイル化する
    • 単発ならインラインの方が早いが、動的ページとかだとキャッシュ出来ない。外部ファイルならキャッシュ出来る。
  • 9章 DNSルックアップを減らす
    • DNSはOSとブラウザにキャッシュされている。さらにKeepAliveを利用することでルックアップを減らせる。
  • 10章 JavaScriptを縮小化する
    • 縮小化と難読化がある。gzipと組み合わせる。難読化にはリスクがある。
  • 11章 リダイレクトを避ける
    • リダイレクトは真っ白画面が表示されてしまう。URLのスラッシュは省略しない。その他回避策を考えよう。
  • 12章 スクリプトを重複させない
    • 大規模開発になるとついやってしまう。ライブラリ読み込み用のスクリプトを書くとか。
  • 13章 ETagの設定を変更する
    • デフォルト設定は良くない。きちんと設定するか、使わないようにする。
  • 14章 Ajaxをキャッシュ可能にする
    • 変更がないものはキャッシュ。パラメータを付けておけば変更されたら新しく取れる。
  • 15章 米国TOP10サイトの分析
    • 色々分析して、どの14のルールに問題がありそうか解析していて、その対応を書いてある。

あわせて読みたい

続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス

続・ハイパフォーマンスWebサイト ―ウェブ高速化のベストプラクティス

スケーラブルWebサイト

スケーラブルWebサイト