読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@thorikiriのてょりっき

@thorikiriがWebとかAndroidとかの技術ネタや本を読んだブログです

AndroidアプリUIデザイン&プログラミング アイデア固めからユーザーフィードバック分析まで その1

book android

真剣にAndroidアプリを作ろうと思いまして、お昼休みの読書をこれにすることに決めました。

ANDROIDアプリUIデザイン&プログラミング

ANDROIDアプリUIデザイン&プログラミング

第0章は、アプリ開発ってどういうもんで、どんな手順でするんですよ〜と、この本はこんな感じですよ〜と書かれてます。で、基本的にはアプリ開発って、アイデアがあって、デザインして、プログラム書くって手順で詳細化すると目次のようになってます。なので、アプリを作る手順通りの目次構成になってます。楽しみですね。

第1章は、アイデアを固めると言うこと。あの機能を使ってみたいぜ!と言う技術ドリブンと、困ったことを解決したいぜ!って言う不満ドリブンがあると。アイデアってのは突然思い浮かぶもんじゃなくて、日常生活を注意深く観察して見つけるもんなんだぜって。見つけたアイデアを育てて機能ベースに落としこんでいきますねって手順ですね。なかなか心に染み入るお言葉でした。それから、コンセプトは大事にしないといけないですね。アプリってマーケットに出すと色々ユーザからコメントされて、中にはヒドイ事書かれたりしますけども、コンセプトはぶらさないことが大事だと、そう言う事ですね。

全編でアプリ開発の流れに沿ってるって言うのはいいですね。企画から、フィードバックを受けてって言うサイクルです。そして、著者の今まで作ったアプリを例にあげて解説されてるので、わりと納得出来る感じがしますね。
机に向かって実際に手を動かしながらやる本と言うよりは、読み物として思考しながら読むのがオススメらしいです。
デブサミのUnityのセッションでも言ってましたけど、コンセプトは曲げないことはやはり大事なのだと思います。コンセプトがブレると言うことは、コンセプトが無いのと同じ事で、そんなの使われないよねぇ〜と言うことになるんじゃないかな。

そんなこんなで、続きが楽しみなのであります。